一般社団法人 建設雇用促進高度職業訓練アカデミー ACGIA

【03】新築すると相続税リスクが高まる?

◎「住まい方」によって、相続税のリスクは異なってきます。

「新築(持家)」すると「賃貸暮らし」と比較して、
相続税のリスクが高まります。

理由)土地は以下の条件を満たすと、「小規模宅地等の特例」により、
課税価格が8割減額されます。

条件・・・同居、又は賃貸、又は持家(売却後3年経過)

※新築すると持家になりますが、売却はしたくないでしょうから、現実的には
上記特例は適用されないケースが多いと思われます。


◎では、「賃貸暮らし」と「新築(持家)」について、事例で見てみましょう!

図の拡大版は、以下をご覧ください。

02拡大図

◎いかがでしたでしょうか?

今、「新築」を検討中のお客様には、ぜひ、上記の相続税リスクについて
お伝えください。

そして、まずは、「相続診断」をして差し上げて下さい。

相続税がかかる場合は、住宅資金贈与等の贈与のアドバイスを
して差し上げて下さい。

お客様には感謝されます。
そして、新築の高価格化と高価格の建替えの受注に繋がります。

 

住宅トレンドセミナーでは上記の内容について解説をします。

また、住宅FP研修を受講して頂きますとそのスキルを習得
して頂けます。受講方法は、本サイトの各コーナーを
ご覧ください。

一般社団法人建設雇用促進高度職業訓練アカデミー
ACGIA 代表理事 大高英則
(CSI総合研究所 代表)

ご質問等は、以下のフォームから「送信」して下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 未来を築く CSI総合研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.