一般社団法人 建設雇用促進高度職業訓練アカデミー ACGIA

【02】増税後購入が得するケースとは?

消費税と住宅税制!いつ建てるのが得?

消費税10%の増税後が、損するケースと得するケースについてお伝えします。

消費税の増税前後の最適な購入時期は、消費税を含めた6つの項目で考える
必要があります。

(❶消費税❷ローン減税❸金利❹家賃❺年金(60歳時点のローン残高)
❻住宅資金贈与)

 

では、事例で見てみましょう!

◎増税後が“損する”ケース:借入3,500万円、頭金500万円、住宅資金贈与0万円

 ∴増税後98万円の損

増税後損

 

◎増税後が“得する”ケース:借入2,000万円、頭金0万円、住宅資金贈与2,000万円

 ∴増税後232万円の得

増税後得

 

いかがでしたでしょうか?

「相続診断」をして相続税が発生する場合には、例えば2,000万円の住宅資金贈与
を行うと
増税後が得するケースもあることをご理解頂けましたでしょうか?

「相続診断」を実施して、贈与を含めた最適な購入時期をアドバイスして
差し上げて頂ければと願っています。

※『住宅FP研修』を受講されますと、本内容に関する個別相談スキルを
習得できます。
また、『住宅トレンドセミナー』で解説しています。

 

住宅トレンドセミナーでは上記の内容について解説をします。

また、住宅FP研修を受講して頂きますとそのスキルを習得
して頂けます。受講方法は、本サイトの各コーナーを
ご覧ください。

一般社団法人建設雇用促進高度職業訓練アカデミー
ACGIA 代表理事 大高英則
(CSI総合研究所 代表)

ご質問等は、以下のフォームから「送信」して下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 未来を築く CSI総合研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.