• こんなお悩みありませんか?
  •  
  • ✅ホームページからの来店予約がない   
  •    
  •  
  •  ✅来店後の契約率が悪い          
  •  
  •  
  •  ✅ヒアリング不足があり最適な提案ができない
  •  
  •  
  •  ✅土地が決まらない等で商談が中断する   
  •  
  •  

 ✅住宅税制の説明が自社で対応できない   

  

     
  • 皆様、こんにちは。CSI総研の大高です。
  •  
  • 私は、全国の工務店の皆様向けの『住宅FP
  •  
  • 営業』研修の講師をしています。    
  •  
  • (研修実績:全国200社以上)
  •  
 
研修の最初に課題整理を実施しています。
  •  
  • 研修先工務店でよく相談を受けるのが、 
  •  
  • 上記の悩み(課題)です。       
  •       
  •  
  • この記事をご覧の皆様も、該当するものが
  •  
  • あるのではないでしょうか?      
  •  
  • そこで解決策としての『住宅FP営業』を 
  •  
  • ご紹介したいと思います。       
  •     
  •     
     
  • 『住宅FP営業』とは?
  •  
  • 『住宅FP営業』は、ホームページは見るが、
  •  
  • 「来店予約」まではしない『まだ先客』を 
  •  
  • 相談会に導き、契約効率を高めます。  
  •    
  •  
     
  • なぜ、『まだ先客』をターゲットにするのか?
  •  
  • ✅見込客のパイが増え、契約率が高まる 
  •  
  • ✅3つの情報提供(お金、建物、人)と 
  •     
  • 「先延ばし」のリスク分析で、    
  •  
  • 『今すぐ客』にできる        
  •  
  • ✅早い時期に「将来の競合」を排除できる
  •  
  •   
     
  • 『住宅FP営業』の効果
  •  
  • ❶来店予約を増やせる         
  •  
  • ホームページは見るが、来店予約をしない

  • 『まだ先客』(土地が決まらない、こども

  • が入学する頃に建てたい等々)を相談会に

  • 誘導できる。             
  •             
  •   
  • ❷契約率を高める           
  •  
  • 相談会に参加した『まだ先客』が、自ら 

  • 早期契約のメリットに気付く。      
  •    
  •  
     
  • 効果を出せる理由とは?
  •  
  • ❶「お金の話(住宅資金や税金の概要と
  •  
  • 事例)」を聞くと、疑問や不安、又は 
  •  
  • 自分の条件確認したい思いが生じ、相談
  •  
  • したくなる。            
  •      
  •  
  • ❷「先延ばし」のリスク分析をすること
  •  
  • で早期契約の意思決定を支援できる。 
  •  
  •  
  • リスク分析は、住宅ローン減税、住宅
  •  
  • 資金贈与、家賃負担、金利変動による
  •  
  • リスク、年金リスクです。     
  •    
  •  
 
  •  【第1段階】
  •  
  信頼関係のない『まだ先客』を信頼関係のある

 『まだ先客』に変える。 

         

  1.   ☛「アニメ動画(住宅資金編)」を活用
  2.  

 

 【第2段階】

 

 信頼関係のある『まだ先客』を信頼関係のある


 『今すぐ客』に変える。 

         

  ☛「建時診断」シミュレーションを活用    

 

 
  •  『まだ先客』を『お金の話』に誘導する方法
  •  
  •   ホームページにバナーを貼り、アニメ動画

  •  (資金編)全16話の工務店専用サイトに誘導

  •   する。                
  •         
 
 『まだ先客』を相談会に誘導する方法   
  

  疑問や不安、あるいは自分の条件で確認した


思いのお客様を相談会に誘導する。 

 

  その際に、建物が素敵で信頼できる相談員が


  いることをしっかりと伝える。      



【第5話】をご覧ください!

■他にもこんなテーマの動画(全16話)があります。

 オンライン説明会で解説しています! 

 
  •  『まだ先客』を『早期契約』に導く方法
  •  
  •  『建時(たてどき)診断』シミュレーションは、
  •  
 『まだ先客』に「先延ばし」のリスク分析を実施

 して早期契約に導く。          

   

 

  リスク分析は、以下の5つの項目について行う。

 

  ❶住宅ローン控除           

           

  ❷住宅資金贈与            

           

  ❸家賃負担              

            

  ❹金利の変動リスク          

          

  ❺年金リスク             

 

 

  ※『建時診断』シミュレーションは、「2022年度

 

税制改正大綱」に対応済み。     

  

 

  ※PC、IPAD、スマホに対応          

    

 

 
  •  『建時診断』シミュレーションの事例
  •  
  •  「2年先延ばし」をすると、306万円も損をする
  •  ケースもある。             
 
 【基本情報】              
  住宅種類:その他           
  •   年収  :420万円          
  •   借入  :3,500万円         
  •    

 【現在情報】              
  契約日付:2022.02.26         
  入居日付:2022.08.26         
  金利  :1.35%           

        

 【将来情報】              

  契約日付:2024.02.26         

  入居日付:2024.08.26         

金利  :1.40%         


 

アナログ集客からWeb育客へ

~『住宅FP営業』オンライン研修について~

          


ホームページ(HP)を見た『まだ先客』を


「来店予約」に導き、契約率40%を達成する


為の研修です。


 

『まだ先客』をターゲットにすることで、


見込客のパイが増えて契約率がアップし、


更に将来の競合を事前に排除する効果が


あります。



将来のリスク分析をすることで、


お客様の未来を守ります。



そのために実施する内容は、


以下の通りです。


         

❶HPからアニメ動画(住宅資金や税金の


概要と事例)全16話に誘導  

 


❷アニメ動画を見て疑問や不安、あるいは


自分の条件で確認したい思いが生じた方を


相談会に案内。


その際には、建物が素敵で相談員が信頼


できることをアピールする。

  

 
❸「5つのリスク分析」を実施して「早期


購入が望ましい!」ことの気付きを与える。

 


不易流行という言葉がありますが、住宅営業


の進め方も昔ながらの変わらぬ本質を大事に


し、時代と共に変えるべきものは変えていく


ことがとても大切だと感じています。 


   

こうした思いに共感を頂き本研修にお申込み


頂く工務店様が続いています。   


集客から育成に思いを転化して頂き、


お客様に喜ばれながら受注を強化して


頂くことを願っています。



 株式会社CSI総合研究所


  代表取締役 大高英則         

 

株式会社CSI総合研究所
 代表取締役 大高英則

 

~ 略歴 ~

 

国立
 北見工業大学開発工学部開発工学科

財団法人
 公営事業電子計算センター
(都庁電算センター)


内閣府認証
 日本建設広告情報適正評価監視機構
 上席顧問


国土交通省認可
 日本木造住宅振興事業協同組合
 上席顧問


一般社団法人
 建設雇用促進高度職業訓練アカデミー
 代表理事