最適な購入時期は、以下の6つの項目を比較することで判断できます。

❶消費税 ❷住宅ローン減税 ❸家賃 ❹金利(住宅ローン総支払額)
❺60歳時点の住宅ローンの残債 ❻住宅資金贈与

上記事例は、消費税8%の方が10%より”得”する結果です。

更に、同じ8%でも金利や家賃を考えると少しでも早い方が”得”です。

しかし、住宅購入を検討中の全員が必ず早い方がいいということではありません。

例えば、相続診断により相続税がかかることがわかったかたは、住宅資金贈与を
活用することで相続税対策になります。その場合は、非課税限度額が最大になる
時期まで待った方が良いケースもあります。

最適な購入時期は、住宅税制、金利、年金等の外的要因と年収、家族構成等の
内的要因によって異なってきます。

信頼できる専門家に相談をして、自分にとっての最適な購入時期を把握する
必要があります。
   

住宅トレンドセミナーでは上記の内容について解説をします。

また、住宅FP研修を受講して頂きますとそのスキルを習得
して頂けます。受講方法は、本サイトの各コーナーを
ご覧ください。

一般社団法人建設雇用促進高度職業訓練アカデミー
ACGIA 代表理事 大高英則
(CSI総合研究所 代表)

ご質問等は、以下のフォームから「送信」して下さい。