■ブログのご案内

☛「家を建てるならいつ?」

☛「新築すると相続税のリスクが高まる?」

家屋の相続税評価額

『うちの実家はもう築30年だから、ほとんど価値はないと思います。』

このようにおっしゃる方が多いことと思います。
また、そのように認識していらっしゃる方が多いと思います。

ですが、本当にそうでしょうか? 確認してみましょう!

例えば築30年、建物の相続税評価額はいくら?

◎建物の相続税評価額は、固定資産税の評価額となります。

◎築30年、35年、40年等の建物の相続税評価額は、ゼロではありません。
再建築価格の2割で下げ止まりになります。

例えば、再建築価格が1,000万円であれば、相続税評価額は200万円になります。


◎木造家屋築20~25年(部材による)以上の家屋は、固定資産税の評価額を
参照すれば、相続税の評価額を把握できます。

◎しかし、上記の築年数に到達していない場合は、どう考えればいいでしょうか?
その場合の評価額は、再建築価格の2割を目安とする。

 ※再建築価格:木造家屋7.5~8万円(個別確認要)
 ※評価額:再建築価格×面積×経年減点補正率

相続評価額の把握から相続診断へ!

いかがでしたでしょうか?

建物の相続税評価額と土地の相続税評価額を含めて考えますと、
現金がいくら以上あると相続税がかかるのかを

概算で把握できます。

その辺りは、次の機会にお伝えします。

■ブログのご案内

☛「家を建てるならいつ?」

☛「新築すると相続税のリスクが高まる?」


■『住宅FP営業』オンライン個別説明会のご案内


☛「ご案内&申込」

 

株式会社CSI総合研究所
 代表取締役 大高英則

ご質問等は、以下のフォームから「送信」して下さい。