拡大イメージ

「2020年春まで超低金利を継続する」旨の
黒田総裁の記者会見がありました。(7/30)

この会見を見たお客様の思いは、
こんな感じでしょう。

・「しばらくは、低金利が続きそう!」

・「金利はまだ下がるのでは?」

・「いつ購入するのがいいのだろう?」

最適な購入時期を判断するための条件を
少し整理をしてみます。

例えば、
「今すぐ」購入する場合と「1年後」に
購入する場合を事例で比較してみます。

借入3,000万円、金利1.18%、35年返済、
年収450万円、住宅資金贈与1,000万円、
建物2,400万円、土地1,400万円

・ローン金利は、両者共に低金利
・消費税は、両者共に10%に上昇
・家賃は、後者が損
・年金のない60歳時の残債は後者が増加
・1,500万円の贈与は、後者が課税

∴1年後が、214万円“損”

低金利がしばらく続くということですが、
上記試算結果から、以下のことがわかります。

「増税後も早期購入が望ましい!」

いかがでしたでしょうか?

上記のようにお客様の条件で試算をすれば、
お客様には喜ばれ、契約率をアップできます。

■『建時診断』研修で上記技術を習得できます。

『建時診断』研修